馬鹿猫ども

愛らしいのだが馬鹿ばかりをしている我が家の猫ども(元野良猫)と、その飼い主である猫好きの母と、そこそこ猫が好き程度の家族の日記です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop
先週末から姿を消していたモモが、先ほど発見された。

近くの駐車場で亡くなっていた。

スポンサーサイト

PageTop
先々週から、週に3日から4日、仕事で朝6時に家を出なければならない。

朝、玄関を出ると毎日ブー太郎が母の部屋の庭先に横になっている。
早起きの母が、雨戸を開けると外へ飛び出していくらしい。

まだ、朝は少々寒いというのに、日も差し込んでいない庭に横たわっているのだ。

眠そうな目をしながら、俺を送り出してくれるのだ。

部屋の中が大好きになってしまったブー太郎が、再び外が好きになったのだろうか。
いや、暖かくなってきたからだろう。

しかし、朝の6時ごろから外に出るのは…。

何か家に居たくない事情があるのだろうか?
動物の勘で、何か良くないことでも感知しているのだろうか?

地震でも予知したのか?

いや、ブー太郎はそんな能力など持っていないだろう。

さほど暖かくも無いのに朝から庭で寝ている猫…。
気になるなぁ…。

PageTop
運動不足だ。

身体が物凄く凝り固まっていて、ちょっとしたことで足や肩がつる。

仕事のせいもあるが、花粉が飛び回っている間は極力外に出たくない。

しかし、少しは身体を動かさないと駄目だ。

そこで、今週の月曜日から、夕方散歩に出かけるようにした。花粉対策を確りしてから出かけるのだが、それでも帰宅する頃には目が痒くなる。

あぁ、やっぱり駄目かなぁ。
散歩はやめようかなぁ。

そう思いながら家へ。

家へ向かう私道に入ると、うちの門の前にブー太郎が寝そべっている。

近づいて「ブー太郎」と名前を呼んでみると、起き上がって近づいてくる。
犬のようだ。

面白い。

次の日も無理して散歩に出かけた。
散歩から戻ると、また門の前にブー太郎が寝そべっている。

昨日よりも、離れた場所からブー太郎を呼んでみる。
起き上がって近づいてきた。

お出迎えしてくれる猫か。

どのくらいの距離まで出迎えてくれるのか?

面白いので散歩は続けることにした。

本日は記録更新で約15m。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。