馬鹿猫ども

愛らしいのだが馬鹿ばかりをしている我が家の猫ども(元野良猫)と、その飼い主である猫好きの母と、そこそこ猫が好き程度の家族の日記です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop
寝ようとしていた母が部屋に居る猫を数えてみると一匹足りない。捜しに行こうとして玄関を開けてると、一匹の猫がダッシュで玄関から入ってきた。最後に帰ってきたのはミミだった。

やっと、全ての猫が帰宅した。

ミミは家に入るとリビングへと向かい、テレビを観ていた娘と息子に「ニャッ」とひと鳴き帰宅の挨拶。その後、リビングの入り口に立つ自分を無視して、母の部屋の前で「ドアを開けろ」と言うかのようにこちらを見ている。

俺には挨拶が無い…。

誰が玄関を開けてやったと思ってるんだ。

母の部屋のドアを開けると、さも当たり前といった感じで入って行った。

ミミにとって、世話をしてくれる母は親といった感じで、遊んでくれる娘や息子は友達といった感じか。妻は知り合い程度か。俺はいつも開けられないドアを開けてくれるドアボーイぐらいにしか思っていないな。

猫もうちの家族。

家族は毎日の挨拶が大事。挨拶されないと狭い家の中で、家族と暮らして入れも疎外感を味わうことになる。特に子供が大きくなり始める頃の父親はそうなる(そんな気がする…)。だから、うちの子供には家族の間でもなぁなぁな挨拶や言葉遣いは許していない。うちの家族がそれなりに上手くまとまっているのは、日々の挨拶をきちんとやっているからだと自分は思っている。

そう思っているので、これからは猫にも挨拶を教えるようと思う。

朝、俺に会ったら「ニャッ」と言え!

スポンサーサイト

PageTop
昼間、母が習い事に出かけていった。
一言も声をかけずに出かけてしまったので、自分は母が外出していることを知らなかった。

母が帰宅すると猫が一匹もいない。
全員外出してしまったらしい。

母は出かける時に、部屋の窓を全て開け(網戸にして)ていった。母の部屋は風の通りが良いので、今日ぐらいの温度の日ならば、部屋の中の猫たちも暑くは無いだろう。母はそう思い出かけていったのだが…。

猫どもは全員外出してしまった。

「どこか涼しい場所を知っていて、そこで涼んでるんでしょ」

母はそう言ったが、それは違う。
全ての猫が涼んでいたのではない。

うちの猫の誰だかは分からないが、一匹だけえらい目に遭っていたと思う。

母が帰宅するちょっと前まで、うちの裏で猫が喧嘩していたのだ。結構、凄い喧嘩だった。自分はうちの猫どもは、母と一緒に家でおとなしくしていると思っていたので、気にも留めずに仕事をしていた。母が出かけていることを知らなかったので、自分はうちの猫では無いと思っていたのだ。

うちの近所で昼間に猫が喧嘩するのは珍しい。どこからか新しい野良猫でも現れたのかと思ったのだが、どうもうちの猫が喧嘩していたようだ。喧嘩をしていたのは近所のボス猫だ。あの甲高い威嚇の鳴き声は、あのボス猫の声に間違いない。このボス猫はえれぇ強い。体格も普通の猫よりもかなり大きく、そしてまだ若い。こいつは野良猫ではない。近所のお宅で飼われている飼い猫だ。健康状態も良い。

色々と体調に問題があり、7年以上生きているうちの猫はボス猫に勝てない。

あぁ、逃げ回っていた猫はうちの猫だったんだ…。
なんで裏になんか遊びにいったのか。
見つかったら、虐められるだけなのに。

母の外出中に猫が喧嘩していたことは、母が心配するので伝えていない。

怪我して帰ってこなければ良いが…。

前にモモがボス猫に酷い目に遭わされているから、ちょっと心配だなぁ。
うちにも若くて強い猫がいれば良いのだが、庭に集まっている野良猫もみな老猫だしな。

うちの庭は野良猫のデイサービスみたいになってるなぁ…。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。