馬鹿猫ども

愛らしいのだが馬鹿ばかりをしている我が家の猫ども(元野良猫)と、その飼い主である猫好きの母と、そこそこ猫が好き程度の家族の日記です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop
喉が痛くて餌を食べることが出来なかったレオが、餌を食べれるようになった。本調子ではないようだが、少しづつでも餌が食べれるようになった。鳴き声に元気は無いが、鳴けるようになっただけで一安心である。

もう少し食べれるようになれば、体重も戻ってくるだろう。

薄目を開けて寝ているレオの顔は、激痩せの為により一層怖さが増している。
寝ているのか死んでいるのか判らない顔だ。

早く、元の状態まで体重を戻してほしい。

壮絶な顔なんだよなぁ…。

早く元気になれ。

スポンサーサイト

PageTop
激痩せしてしまったレオの体調だが、ちょっとだけ良くなっているようだ。

母の話では、小さな缶詰をひとつ食べきったらしい。

昨日までは喉が痛くて鳴き声もあげられない状態だったのだが、今日は小さな鳴き声を何度かあげているのを聞いた。少しとはいえ餌も食べるようになったので、徐々に喉の調子も良くなってくるだろう。

猫の生命力は逞しいのだ。

そう信じて、もう暫く様子を見ることにした。

次、餌を食べなくなったら、動物病院へ直行だ。




PageTop
激痩せしてしまったレオの体調は今日も良くないようだ。

母がレオの好物である魚を買ってきて与えてみたのだが、臭いを嗅いだだけで食べなかった。

好きな餌も食べられないほど喉の調子が悪いようだ。

水を飲むときにも、喉の痛みを堪えているようだ。
水を飲みながら、変に咳き込むような鳴き声をあげている。

動物病院に連れて行っても原因は判らなかった。
痛み止めの注射だけを打って帰ってくるだけで、治療らしいことは何もしない。

違う動物病院に連れて行ったほうが良いような気もする。

好物の餌は食べなかったが、いつも食べている普通のキャットフードは少しだけ食べたようだ。ほんとうに少しだけだったらしいが、餌を食べる気力は有るらしいので少し安心した。

もう一日だけ様子を見てみようと思う。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。