馬鹿猫ども

愛らしいのだが馬鹿ばかりをしている我が家の猫ども(元野良猫)と、その飼い主である猫好きの母と、そこそこ猫が好き程度の家族の日記です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop
昼過ぎまで惰眠を貪っていた猫どもだったが、お盆ということでお客さんが次々にやってきたために、好き勝手なところで寝ていられなくなった。

最初にやってきたお客さんは猫好きの叔父と叔母だったので、猫どもも安心していた。ちょくちょく家に来る叔父や叔母に猫どもも懐いているのだ。だから家の中から出て行こうともせず、安心して家の中でダラダラしていた。

問題は次にやってきた叔母さんとその孫達だ。叔母さんの孫達は、まだ小学校の低学年と幼稚園児。この子供達がうちの猫どもを追い回し始めたのだ。家の中でダラダラしていたのは3匹の猫は一斉にテーブルや椅子の下に逃げ込んだのだが、そこは安全な場所では無かった。子供達もテーブルや椅子の下へと潜り込んでいく。

家の中が煩い…。

ダラダラと惰眠を貪っていた猫どもは子供達に散々追い回された結果、全ての猫が家の外へ脱出した。子供達は庭まで追いかけて行った。

庭も煩い…。

結局、子供達は一匹の猫も捕まえられなかったようだ。

猫どもは何処まで逃げたんだろう?
未だに帰宅していない。

スポンサーサイト

PageTop
本日、嫁も娘も息子も、嫁の実家へ泊りがけで遊びに行った。

我が家に残っているのは俺と母だけ。

子供が夏休みに入ってから、家の中は煩くてしょうがなかった。うちの猫ども夏休み前はリビングや廊下でよく寝ていたのだが、ここ最近は母の部屋や庭で寝ていたのだ。

そんな煩い子供達がお盆ということで、妻の実家に行ってしまった。俺は仕事が忙しいので仕事部屋から出ない。母はこの暑さに参ってしまい、母の部屋から出てこない。リビングと廊下、階段は全て猫どもに開放された。

リビングではミミが寝ている。
廊下ではモモが寝ている。
階段ではレオが寝ている。
母の部屋ではアイが寝ている。

ブー太郎は相変わらず俺の車の下に潜り込んでいる。
トラは何処にいるのか分からない。

トイレに行くときは階段で寝ているレオを跨いで、廊下に寝ているモモを避けなければならない。台所に冷たい飲み物を取りに行くときは、更にミミを跨いで行かなければならない。いつもなら、寝ているときに近づかれるとサッと逃げだすモモが動かない。レオを跨いでも微動だにしない。モモは寝返りをうつだけだ。

邪魔臭せぇ…。
ダラダラしやがって…。


お盆の猫どもはダラダラしていて邪魔臭せぇなぁ。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。