馬鹿猫ども

愛らしいのだが馬鹿ばかりをしている我が家の猫ども(元野良猫)と、その飼い主である猫好きの母と、そこそこ猫が好き程度の家族の日記です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop
医者にミミがもう長くないと言われたが、どうにも信じられない。

今日もミミはいつもと同じお気に入りの場所で横になっている。
頭をかいてやると嬉しそうに目を閉じる。

いつものミミなのである。

自分は母から医者の診断結果を聞いただけなので、詳しいミミの容態についてはよく分からない。落ち込んでいる母に、あれこれと尋ねるのも気が引ける。母の話では、ミミは乳がんになってしまい、それが肺にまで転移してしまったらしい。ガンの進行を遅らすことは出来るかもしれないが、完治することはないらしい。レントゲン写真を見た母には、病気がかなり進行していることが分かったのだろう。

自分の父は二年前にガンで亡くなった。ガンが発見されたときは末期だった。医者には頑張っても半年もちませんと言われた。だが、父は末期ガンが発見されてから3年6ヶ月も生きてくれた。家族全員で父のガンと闘った3年6ヶ月だった。

母はその時の事を思い出したようで、自分に「ミミちゃんには、あと3年は生きてもらう」と言った。苦しまないのであれば、あと3年でも5年でも生きていてもらいたい。そう簡単に死なすわけにはいかない。

でも、どうすれば良いのか全然分からない。

見た目は今日も元気に見える。
自分の仕事部屋にも遊びに来たし、餌もちゃんと食べている。

息も荒くない。

やっぱり、医者に言われたことが信じられん。


スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。