馬鹿猫ども

愛らしいのだが馬鹿ばかりをしている我が家の猫ども(元野良猫)と、その飼い主である猫好きの母と、そこそこ猫が好き程度の家族の日記です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop
生きていれば勝ちだよ。

そう俺に思わせてくれた老いた野良猫のボスが消えた。

最後に俺が見たのは先月の15日だ。
その日を最後に、うちの家族もボスを見ていない。

ボスは近所に住む母の知人宅にも顔を出していたのだが、そちらのお宅でも先月半ば頃から見かけていないそうだ。

母は多分亡くなったのだろうと言う。

俺は何処かで元気にしていると信じたいのだが…。

老猫のボスが居なくなったことで、黒白の斑猫が頻繁に庭に顔を出すようになった。他にも何匹かの野良猫が我が物顔で出入りしている。どの野良猫もボスが居ないことで、うちの庭を気楽に出入りするようになったようだ。そのせいで庭で野良猫同士の喧嘩が絶えなくなった。

ボスが居なくなると、野良猫同士の喧嘩は減るかなと思っていたのだが、実際はその逆だったのだ。

あぁ、ボスは何処に消えてしまったのだろうか…。

戦い抜いて生きてきた野良猫のボスは、どこかへ消え去ってしまったのだ。
「老兵は死なず、ただ消え去るのみ」と言ったところだろうか。

あれほどの存在感を持った野良猫は、そうそう現れないだろう。

何か悲しい。


スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。