馬鹿猫ども

愛らしいのだが馬鹿ばかりをしている我が家の猫ども(元野良猫)と、その飼い主である猫好きの母と、そこそこ猫が好き程度の家族の日記です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop
旅に出ていたはずのトラが母の部屋で昼寝していた。

戻ってきたらしい…。

早いなぁ…。

秋までは戻ってこないと思っていたのに。


スポンサーサイト

PageTop
今日、雨が降る前に家の中にいる猫どもの数を確認したら、いつもの馬鹿猫筆頭が居ないのに気がついた。

モモが居ないのだ。

悪天候好きのモモは、外に遊びに出ているようだ。
母も捜しているようだが見つからない。

まったく、迷惑な猫である…。

「何処に行ったんだよ」
「その辺にいるわよ」
「天気の悪い日は、いつもその辺には居ないだろ」
「帰ってくるわよ」
「雨が止んだらだろ」
「そうねぇ…」
「そうだろ…」

母も「面倒だわ…」といった感じ。
もちろん、俺も「面倒くせぇ…」といった感じだ。

二人でため息の一つでもつきたくなるような気分になっていた時、庭先からモモ鳴き声が聞こえてきた。

「あっ! 帰ってきたよ!」

母の部屋の窓を開けると、そこにはモモの姿があった。

雨が降る前に帰ってくるなんて、お利口さんになったもんだ。
お利口さんになった記念にと、写真を撮ってやった。

家に入らない馬鹿猫「モモ、おいで!」

窓を開けても、部屋の中を覗くだけで入ってきません。

「何やってんだよ」
「早く入れ」



家に入らないで俺の顔を眺めている馬鹿猫俺の顔を見るだけで、一向に家に入ろうとしない。

カメラを向けているからか入ってこないんだろうと思い、カメラをしまって窓から離れた。

だが、モモは家の中には入ってこなかった。
しばらく開いている窓から部屋の中を覗いていたが、部屋の中には一歩も入らず、そのまま何処かへ遊びに行ってしまった…。


何を考えているのやら。
猫の考えていることは俺には分からん…。

お利口さんにはなってなかったねぇ…。

PageTop
先ほど、「おやすみ」と言って自分の部屋に入って行った母だがのだが、リビングでテレビを観ていた俺に母はカメラを持って来てくれと言いに来た。

寝床を馬鹿猫どもに占領されたらしい。

母の寝床を占領する馬鹿猫ども「どうすんのよ、この馬鹿ども」
「本当、困ったわねぇ」

と言いながらも嬉しそうな母。

「このままにして、横にでも寝るの?」
「寝るときは退かすけれど」
「退かすんだ」
「私が寝ればまた寄って来るけどね」

「毎晩、こうなの?」
「3匹が寄ってくるのは珍しいわよ」
「寝れるの?」
「寝れるわよ」


困ってねぇじゃん。
あぁ、もう勝手にしてくれ…。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。