馬鹿猫ども

愛らしいのだが馬鹿ばかりをしている我が家の猫ども(元野良猫)と、その飼い主である猫好きの母と、そこそこ猫が好き程度の家族の日記です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop
また家猫が増えそうである。

野良猫からうちの家猫になりそうなのが、うちに庭に何匹か出入りしているのだ。

母は何も言わないが、間違いなく餌付けしているだろう。

あぁ…、溜息しかでねぇ。

自分も動物は嫌いじゃないし、街中で弱った野良猫を見ると心が痛む。しかし、そんな野良猫を見ても、積極的に救いの手を差し伸べることは無い。うちの庭に出入りする野良猫に対しても、問題を起こさなければ(うちの馬鹿猫どもを追い回したり)追い払うこともしない。多くの人はそんなものだろうと思うのだが、どうなんだろうか。

このブログでは記事にしていないのだが、実は我が家の家猫は昨年末に1匹増えている。ミミが亡くなり、家猫が4匹に減ったのも束の間、直ぐにブー太郎が家猫になって、昨年末に絶対に家猫にはなるまいと思っていた野良猫が家猫になった。

もうどうでもいいやと思っているんだが…。

猫どもにかかる医療費が凄いんだよなぁ。

元野良猫で老猫ということもあり、どいつもこいつも身体に問題を抱えている。

皮膚病持ちのアイ。
歯に問題が有るレオ。
腰の怪我のせいで排便がうまくできないモモ。
脱毛症のブー太郎。

多分、目がよく見えていないと思われる元野良猫。

健康なのは旅に出るトラだけだ。
他の猫(人に馴れないアイも除く)は定期的に動物病院のお世話になっている。

毎月、どの猫か決まっていないが、必ず誰かが動物病院に行く。

相当な金額を動物病院に支払っている。馬鹿にならないペットの医療費というか、馬鹿のように払い続けているペットの医療費というか、本当に大変な金額がかかっている。ペット保険なるものに入ろうかとも思ったのだが、現時点で健康に問題がある猫5匹では、保険に入りたくても入れない。

健康に問題が無い猫や人懐こい猫は他家へ貰われて行くが、そうでない猫は我が家に残る。残った猫は可愛くないのかといえば、そうではない。残った猫ほど個性的なので、懐かなくても逆に可愛くなってしまうから困る。

我が家では、今日も馬鹿猫たちが、何食わぬ顔でくつろいでいる。
我が家の懐事情も知らずに…。

あぁ…、溜息しかでねぇ。

PageTop
うちの馬鹿猫どもは、専用出入口から母の部屋へ好き勝手に出入りしている。

気ままに外に出かけ、腹が減ったら帰ってくる。

猫専用出入口は、うちの馬鹿猫専用の筈なのだが、どうも色んな猫が出入りしているような…。

先日、見知らぬ猫が家に居たのだ。
外で見かけたことが無い猫だ。

玄関から家に入ると灰色と黒と白の野良猫(野良猫だと思う)が廊下に居た。

お前誰だ…。

入り込んだ野良猫は玄関から外へ脱出しようとしたのだが、玄関に俺が居るので外に出るのを躊躇している。このまま俺が家の中に入ったら、侵入者(野良猫)は二階へ逃げていくだろう(リビングのドアも母の部屋のドアも、洗面所のドアもみんな閉まっている)。

睨み合っていてもしょうがないので、玄関ドアを開けたまま家の中へ入る。
わざと壁際を歩いて、侵入者が外へ逃げれるスペースを作りながら、ゆっくりゆっくりと廊下を歩く。

ゆっくりと後退する侵入者。

後ろに退いてどうする。
俺の脇を駆け抜けて、外に出れば良いだろうに。

踏ん切りがつかないのか、なかなか外に出てくれない。

侵入者との距離が約2mほどになったとき、大きな声で「フッー!」とひと鳴きして、外へ駆け出していった。

何故に見知らぬ野良猫が入り込んでいたのかは、良くは判らない。
いや、判りたくない。

母は家に居ないので侵入猫について聞けなかった。
いや、聞きたくない。

「可愛かったでしょ、あの猫。新しいうちの子なのよ」などと言われたら、面倒臭いからだ。

あの猫、またやって来るのだろうか…。
あぁ、増える予感がする…。

PageTop
今日は昼から用事があって外出した。

久しぶりの外出である。
仕事部屋に籠もって1ヶ月経った。

未だに仕事は終わっていない…。

久しぶりの外出で足が痛む。
歩くのが辛い。

3時ごろに帰宅すると、庭にモモとトラが寝ていた。
まだ寒いのに庭に居るのには訳があった。

母が部屋を掃除していたのだ。

掃除に動じないのはレオとブー太郎ぐらいなもので、その他の猫は掃除機が嫌いだ。
庭に避難していたようだ。

頭でも撫でてやろうかと近づいてみると、二匹とも逃げた。
全力で逃げやがった。

家の中なら俺が近づくとモモとトラも逃げることは無いのだが、外だと逃げるんだよなぁ。
俺がスーツを着込んでいたので、誰だかわからなかったのかもしれない。

母だと逃げない。
息子でも逃げない。

俺だと逃げる。

家の中に居る俺と外に出かけるときの俺の差は何だろう。
スーツぐらいしか差は無いと思うんだが、それ以外の何かだろうか?

よく思い出してみたら、スーツを着てない普段着のときでも逃げるなぁ。
兎に角、どの猫も外で遭うと逃げる。

何だ?
何が原因なんだ?

顔つきか…。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。