馬鹿猫ども

愛らしいのだが馬鹿ばかりをしている我が家の猫ども(元野良猫)と、その飼い主である猫好きの母と、そこそこ猫が好き程度の家族の日記です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop
馬鹿猫どもは、今日も高級缶詰のお食事です。

猫によって好みが違いますので、缶詰の種類も色々とそろえてお出ししております。

歯の悪いレオちゃんには、やわらかとろみ仕立ての猫缶を。
魚が好きなモモちゃんには、まぐろに低脂肪・高たんぱくのささみフレークをブレンドした猫缶を。
人見知りの激しいアイちゃんには、チキンのやわらか煮込みの猫缶を。

母が連れてきた猫ではない、我が家で家猫になった元野良猫ちゃんたちは、何でも食べるので適当に。

母が猫と共に我が家へやってきたときは、「週に一度だけ、猫ちゃんたちに贅沢させてるだけよ」と言っていたのだが、今では毎日猫缶を食べさせている。

「そんなに猫の缶詰買って来て金は大丈夫? 幾らかかってんの?」
「猫友達からの貰い物よ」
「毎日5匹分の缶詰なんて貰ぇねぇだろ」
「少しはうちで買ってるけど、ほんの少しよ」
「本当?」
「本当よ! 大体毎日なんかあげてないから」
「今日も昨日も食べてたじゃん」
「それは、レオの調子が悪いから、レオにあげたのよ」
「レオにあげたのよって、みんな食べてたじゃん」
「レオだけにあげたら喧嘩になるでしょ」
「…」

体調が悪い猫には缶詰を食べさせる。
一匹だけに与えると喧嘩になるので、みんなに与える。

うちの馬鹿猫たちは、常にどいつかが病院に行かなければならないほど健康を害している。

だから、やつらは毎日高級缶詰を食べているのだ。

そして、贅沢に慣れた猫どもは普通のカリカリしたキャットフードを食べなくなった…。

勝手口を開けると、そこには空き缶が詰められたビニール袋が山になっている。

これだけの量を無償でくれる人なんていねぇだろ…。

母は自分の小遣いを切り詰めてでも猫に缶詰を買い与えているんだろう。
それで母も幸せなのだろうから、文句は言わない。

文句は言わないけど…。

スポンサーサイト

PageTop
仕事部屋の暖房は余程の寒さでない限り、使わないようにしている。服を着込んで膝に毛布をかけていれば、さほど寒さは感じないのだが、膝だけは駄目だ。パソコンの前で胡坐をかいて仕事していると、足への血流が悪くなるようで非常に膝が冷える。

膝だけを暖める暖房器具など無い。

そうだ、猫で暖めよう。
うちの馬鹿猫に役立ってもらおう。
猫暖房だ。


そう考えて、母の部屋からブー太郎を仕事部屋に連れてきた。

胡坐の上にのせてやると、喉を鳴らして喜んでいる。だが、なかなか寝てくれない。やっと俺の胡坐の上で横になったかと思えば、直ぐに立ち上がる。俺の胡坐の上が落ち着かないのか、俺の仕事部屋が落ち着かないのか、全く寝てくれない。

ブー太郎が横になったのは俺の胡坐の上ではなく、仕事部屋の出入口ドアの前だった…。

もう出たいんだねもう出たいんだね…。
暖房の効いた部屋に戻りたいんだね…。

ブー太郎はドアを見つめている。
ドアを開けろと態度で示している。

わかったよ。
出て行きたまえ。

猫暖房は無理だったか…。

PageTop
猫のように丸まって寝ていたからなのか、今日も朝から背中が痛い。
最近、どんどん背中が痛くなってきている。

俺の寝室は非常に寒い。
外断熱の家なのに、非常に冷える。

築20年以上も経つ家をリフォームして外断熱の家にしたところで、そう簡単には暖かい家にはならないのだろうか…。

外断熱以前の問題として、非常にエコな生活をしていることが問題なのかもしれない。

兎に角、俺は無駄な電力は使わない癖がついている。この常に省エネを心がける癖は震災以降についた癖ではない。若い頃にイギリスのルートン(Luton)という町で、一人暮らしていた頃についた癖だ。

その頃の俺は、すげぇ貧乏だった。
光熱費にまわすお金は殆どないほど貧乏だった。

Luton で身についた貧乏性(エコな精神)が、未だに抜けないのだ。

だから、寝室の暖房は使わない。

布団に入って寝るのだから、暖房は要らない。

冷たい布団に入って凍えるような寒さを感じても、しばらくすれば体温が布団を暖める。
だから問題ないのだが…。

暖まるまでに時間がかかる…。

寒いので猫のように丸まって寝る。
朝方冷えてくると、さらに丸まって寝る。


背中が痛い原因は、猫のように丸まって寝ているからなのだろう。猫が丸まって寝ている姿は、動物の寝姿としては理にかなっている(体温を維持し、寝姿を小さくすることで天敵から身を隠す)ように見えるのだが、二足歩行を成し遂げた人間様の身体には無理があるようだ。Luton でも冬に暖房をつけずに寝ていたが、背中が痛くなった記憶は無い。Luton ではどのようにして寝ていたかというと、スプリングがヨレヨレになっているボロボロのパイプベットの上に寝袋で寝ていた(かけ布団が買えなかった)。よく覚えていないが、丸まっては寝ていなかったと思う。

丸まって寝ているから背中が痛くなったのだろう。

でも、今日も暖房はつけないで寝る。

我慢してでもエコ生活。

背中が痛いのは、ただ単に身体が固くなってしまったからかもしれない。
そんな気もしてきたなぁ。

歳だってことだよなぁ…。


PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。