馬鹿猫ども

愛らしいのだが馬鹿ばかりをしている我が家の猫ども(元野良猫)と、その飼い主である猫好きの母と、そこそこ猫が好き程度の家族の日記です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop
猫のように丸まって寝ていたからなのか、今日も朝から背中が痛い。
最近、どんどん背中が痛くなってきている。

俺の寝室は非常に寒い。
外断熱の家なのに、非常に冷える。

築20年以上も経つ家をリフォームして外断熱の家にしたところで、そう簡単には暖かい家にはならないのだろうか…。

外断熱以前の問題として、非常にエコな生活をしていることが問題なのかもしれない。

兎に角、俺は無駄な電力は使わない癖がついている。この常に省エネを心がける癖は震災以降についた癖ではない。若い頃にイギリスのルートン(Luton)という町で、一人暮らしていた頃についた癖だ。

その頃の俺は、すげぇ貧乏だった。
光熱費にまわすお金は殆どないほど貧乏だった。

Luton で身についた貧乏性(エコな精神)が、未だに抜けないのだ。

だから、寝室の暖房は使わない。

布団に入って寝るのだから、暖房は要らない。

冷たい布団に入って凍えるような寒さを感じても、しばらくすれば体温が布団を暖める。
だから問題ないのだが…。

暖まるまでに時間がかかる…。

寒いので猫のように丸まって寝る。
朝方冷えてくると、さらに丸まって寝る。


背中が痛い原因は、猫のように丸まって寝ているからなのだろう。猫が丸まって寝ている姿は、動物の寝姿としては理にかなっている(体温を維持し、寝姿を小さくすることで天敵から身を隠す)ように見えるのだが、二足歩行を成し遂げた人間様の身体には無理があるようだ。Luton でも冬に暖房をつけずに寝ていたが、背中が痛くなった記憶は無い。Luton ではどのようにして寝ていたかというと、スプリングがヨレヨレになっているボロボロのパイプベットの上に寝袋で寝ていた(かけ布団が買えなかった)。よく覚えていないが、丸まっては寝ていなかったと思う。

丸まって寝ているから背中が痛くなったのだろう。

でも、今日も暖房はつけないで寝る。

我慢してでもエコ生活。

背中が痛いのは、ただ単に身体が固くなってしまったからかもしれない。
そんな気もしてきたなぁ。

歳だってことだよなぁ…。


スポンサーサイト

PageTop
また家猫が増えそうである。

野良猫からうちの家猫になりそうなのが、うちに庭に何匹か出入りしているのだ。

母は何も言わないが、間違いなく餌付けしているだろう。

あぁ…、溜息しかでねぇ。

自分も動物は嫌いじゃないし、街中で弱った野良猫を見ると心が痛む。しかし、そんな野良猫を見ても、積極的に救いの手を差し伸べることは無い。うちの庭に出入りする野良猫に対しても、問題を起こさなければ(うちの馬鹿猫どもを追い回したり)追い払うこともしない。多くの人はそんなものだろうと思うのだが、どうなんだろうか。

このブログでは記事にしていないのだが、実は我が家の家猫は昨年末に1匹増えている。ミミが亡くなり、家猫が4匹に減ったのも束の間、直ぐにブー太郎が家猫になって、昨年末に絶対に家猫にはなるまいと思っていた野良猫が家猫になった。

もうどうでもいいやと思っているんだが…。

猫どもにかかる医療費が凄いんだよなぁ。

元野良猫で老猫ということもあり、どいつもこいつも身体に問題を抱えている。

皮膚病持ちのアイ。
歯に問題が有るレオ。
腰の怪我のせいで排便がうまくできないモモ。
脱毛症のブー太郎。

多分、目がよく見えていないと思われる元野良猫。

健康なのは旅に出るトラだけだ。
他の猫(人に馴れないアイも除く)は定期的に動物病院のお世話になっている。

毎月、どの猫か決まっていないが、必ず誰かが動物病院に行く。

相当な金額を動物病院に支払っている。馬鹿にならないペットの医療費というか、馬鹿のように払い続けているペットの医療費というか、本当に大変な金額がかかっている。ペット保険なるものに入ろうかとも思ったのだが、現時点で健康に問題がある猫5匹では、保険に入りたくても入れない。

健康に問題が無い猫や人懐こい猫は他家へ貰われて行くが、そうでない猫は我が家に残る。残った猫は可愛くないのかといえば、そうではない。残った猫ほど個性的なので、懐かなくても逆に可愛くなってしまうから困る。

我が家では、今日も馬鹿猫たちが、何食わぬ顔でくつろいでいる。
我が家の懐事情も知らずに…。

あぁ…、溜息しかでねぇ。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。