馬鹿猫ども

愛らしいのだが馬鹿ばかりをしている我が家の猫ども(元野良猫)と、その飼い主である猫好きの母と、そこそこ猫が好き程度の家族の日記です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop
仕事部屋の暖房は余程の寒さでない限り、使わないようにしている。服を着込んで膝に毛布をかけていれば、さほど寒さは感じないのだが、膝だけは駄目だ。パソコンの前で胡坐をかいて仕事していると、足への血流が悪くなるようで非常に膝が冷える。

膝だけを暖める暖房器具など無い。

そうだ、猫で暖めよう。
うちの馬鹿猫に役立ってもらおう。
猫暖房だ。


そう考えて、母の部屋からブー太郎を仕事部屋に連れてきた。

胡坐の上にのせてやると、喉を鳴らして喜んでいる。だが、なかなか寝てくれない。やっと俺の胡坐の上で横になったかと思えば、直ぐに立ち上がる。俺の胡坐の上が落ち着かないのか、俺の仕事部屋が落ち着かないのか、全く寝てくれない。

ブー太郎が横になったのは俺の胡坐の上ではなく、仕事部屋の出入口ドアの前だった…。

もう出たいんだねもう出たいんだね…。
暖房の効いた部屋に戻りたいんだね…。

ブー太郎はドアを見つめている。
ドアを開けろと態度で示している。

わかったよ。
出て行きたまえ。

猫暖房は無理だったか…。

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。