馬鹿猫ども

愛らしいのだが馬鹿ばかりをしている我が家の猫ども(元野良猫)と、その飼い主である猫好きの母と、そこそこ猫が好き程度の家族の日記です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop
昨日、庭で新顔の野良猫を確認した。

先日、妻が俺に話していた「黒と白のぶち猫で、黒のほうが多い猫」だ。

庭で出くわした俺を全然怖がらず、逃げることもなかったので、近所の飼い猫かと思った。だが、この新顔の猫の尻尾を見て野良猫と確信した。尻尾は短く、団子のように先が丸まっている。喧嘩か事故で尻尾を千切ってしまったようだ。飼い猫ではなさそうだ。

そう思いながら、新顔の猫を眺めていると母が庭に出てきた。

「何してるの?」
「見慣れない猫が居るんだよ」
「どこに居るの?」
「俺の車の前に居るよ」

車の前を覗き込む母。

「まぁ、○▲■・ちゃん…」
「ん?」

俺には良く聞き取れなかったが、母は新顔の猫を名前で呼びかけた。

もう、この野良猫に名前をつけているのか…。

「母さん、あの猫は野良猫?」
「野良猫ね」
「よく来るの?」
「さぁ…」

白々しい…。
名前もつけて、餌付けしただろ…。


関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。