馬鹿猫ども

愛らしいのだが馬鹿ばかりをしている我が家の猫ども(元野良猫)と、その飼い主である猫好きの母と、そこそこ猫が好き程度の家族の日記です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop
寝ようとしていた母が部屋に居る猫を数えてみると一匹足りない。捜しに行こうとして玄関を開けてると、一匹の猫がダッシュで玄関から入ってきた。最後に帰ってきたのはミミだった。

やっと、全ての猫が帰宅した。

ミミは家に入るとリビングへと向かい、テレビを観ていた娘と息子に「ニャッ」とひと鳴き帰宅の挨拶。その後、リビングの入り口に立つ自分を無視して、母の部屋の前で「ドアを開けろ」と言うかのようにこちらを見ている。

俺には挨拶が無い…。

誰が玄関を開けてやったと思ってるんだ。

母の部屋のドアを開けると、さも当たり前といった感じで入って行った。

ミミにとって、世話をしてくれる母は親といった感じで、遊んでくれる娘や息子は友達といった感じか。妻は知り合い程度か。俺はいつも開けられないドアを開けてくれるドアボーイぐらいにしか思っていないな。

猫もうちの家族。

家族は毎日の挨拶が大事。挨拶されないと狭い家の中で、家族と暮らして入れも疎外感を味わうことになる。特に子供が大きくなり始める頃の父親はそうなる(そんな気がする…)。だから、うちの子供には家族の間でもなぁなぁな挨拶や言葉遣いは許していない。うちの家族がそれなりに上手くまとまっているのは、日々の挨拶をきちんとやっているからだと自分は思っている。

そう思っているので、これからは猫にも挨拶を教えるようと思う。

朝、俺に会ったら「ニャッ」と言え!
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。