馬鹿猫ども

愛らしいのだが馬鹿ばかりをしている我が家の猫ども(元野良猫)と、その飼い主である猫好きの母と、そこそこ猫が好き程度の家族の日記です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop
我が家の猫は幸せだろうか?

猫の気持ちなど解らぬが、多分幸せだろうと思う。飼い主である母は何事においても猫を最優先に考えるような人だからだ。現在飼っている猫は全て元野良猫か捨て猫。全ての猫は母に良く懐いている。あれだけ猫に尽くしてあげれば懐くよな…。

もう、70歳を越えている母だが非常に元気である。
今後も猫の為に長生きすると言っている。

そんな猫好きの母は、今まで何匹の猫を飼ってきたのだろうか?
本人に聞いても正確な数字は出てこない。

自分が記憶しているだけでも、30匹以上は飼ってきたと思うのだが…。

自分が実家を出て結婚し自分の家に母を呼び寄せて同居するまでの間に飼っていた猫の数は良くわからないのだが、その間も10匹以上は飼っていたのではないかと思う。自分が子供のころ、一番多い時で10匹近くの猫を飼っていた。別に野良猫を探して拾ってくるわけではない。何故か集まるらしいのだ。今はない実家で暮らしていたときも、猫を実家に捨てた人が居た(非常識にも実家のガレージに忍び込んで、生まれたばかりの子猫を捨てていったのだ)。何故、他人の家に猫を捨てに来るのか…。

兎に角、母は常に数匹の猫を飼っているのだ。

母が自分の家族と同居する時に連れてきた猫は4匹だった。これ以上猫は増やさないとの約束だったが、同居後に連れてきた猫どもが更に近所の猫を連れてきて3匹増えた。1匹だけ家の中には入ってこないので飼い猫と見做していない。これからも多分増えるのであろう。

猫にかかる餌代や治療費は年間幾らになるのか?

考えたくもないが、一年間で相当の費用がかかっている。

計算するのが怖い…。

我が家の馬鹿猫は今日も元気に寝まくっている。
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。