馬鹿猫ども

愛らしいのだが馬鹿ばかりをしている我が家の猫ども(元野良猫)と、その飼い主である猫好きの母と、そこそこ猫が好き程度の家族の日記です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop
台風が近づいてきている。

現時点では台風はまだ遠い四国あたりに居るようなのだが、我が家がある神奈川県東部も時折強い風と激しい雨に見舞われている。これから明後日にかけて、神奈川県東部も台風の影響を受けるようだ。うちの猫どもも、母の部屋でおとなしくしている。おとなしくしている筈だ。そう思っていたのだが…。

奴が居ない…。

母が7年前に拾ってきたモモ(雄)が居ないのだ。後ろ足が悪くて上手く歩けない猫なのだが、外出するのが大好きで、餌を食べたい時と寝るとき以外は帰ってこない。基本的に星が見えるような夜はうちの車の上で寝そべっている(眠らないでじっとしている)。普段はおとなしい猫なのだが…。

この猫には悪い癖がある。

強い風や大雨、台風が好きなのである。
悪天候の日は必ず外出して、しばらく帰ってこないのだ。


二年前の大型台風が関東に近づいたときも、強い風と大雨の中に外出し、台風が過ぎ去るまで帰ってこなかった。悪天候の日には必ず外出するのだ。このような悪天候のときにモモが外出すると母が必ず心配する。だが、自分は心配はしていない。元々野良猫だったこともあるし、足が悪いと言っても走れるし、塀や車の上にも登れる。人間なんかに捕まらないだろうし、雨風をしのげるお気に入りの避難場所でもあるのだろう。多分、そこでじっとして、吹き荒れる風や雨を眺めているのだろう。台風が過ぎれば、ケロッとした顔で餌を食べに帰ってるのだ。毎度のことだ。

奴が居なくても心配無用なのだ。
帰ってこなくても、奴なら大丈夫なのだ。
そう自分は思っているのだが、飼い主である母は違うのだ。


奴が居ないと母が騒ぐのだ。(我が家では猫が騒ぐことは無い)

モモが帰ってこないと、飼い主である母が落ち着かないのである。深夜まで寝付けずに外で猫の鳴き声が聞こえれば、飛んで探しに出かけてしまうのだ。台風の中、70歳を過ぎたおばあさんが、夜中猫を捜してウロウロしているのは拙い。モモは母が捜しに出て、名前を呼べば帰ってくるような猫ではない。母は捜し回るだけで、見つけることが出来ずに帰ってくる。母が戻ってくるまで、今度は自分が落ち着かない。戻りが遅いと、今度は自分が母を捜しに出かけるのだ。これを夜中に何度か繰り返す。

自分がいくら「あの猫は大丈夫だ」と言って聞かせても、母は納得してくれない。納得したような事を言っても、必ず夜中に捜し回る。この帰ってこない猫に外出許可を出したのは飼い主の母だ。自分で外に出しておいて、帰ってこないと大騒ぎをするのだから堪らない…。

そんな騒ぎの元である猫が今夜も外出したのだ。

まったく、あの馬鹿猫は…。

関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。