馬鹿猫ども

愛らしいのだが馬鹿ばかりをしている我が家の猫ども(元野良猫)と、その飼い主である猫好きの母と、そこそこ猫が好き程度の家族の日記です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop
昨日、夕食後にテレビをリビングで観ながら横になっていたら、元気になったレオがリビングの窓に寄ってきて鳴き始めた。リビングの窓を開けて家に入れようとしても、ただ煩く鳴くだけで家に入ってこない。家の中を覗きながら、ひたすら煩く鳴き続けている。

レオは網戸越しにリビングを覗いている。その網戸に一匹の親指ほどの長さのバッタがとまっていた。バッタはレオの顔よりもちょっと上に居るのだが、レオはまったく気がついていないようで、網戸越しに見える俺の顔を見ながら「ニヤッ、ニャー」と会話をしているかのように鳴いている。

「おいレオ、これこれ、バッタだよ」

俺は網戸にとまっているバッタを指差した。
レオは俺の指先に視線を向けたがバッタには気がつかない。

「ほれ、ここ、バッタがいるぞ」

俺はさらに指をバッタに近づけた。
レオは鳴くのを止めて俺の指先を見た。
だが、バッタに気がつかない。
いや、気がついているが、バッタには興味が無いのか?

俺はバッタのとまっている網戸を内側から指で弾いた。
すると、バッタは大きく飛び跳ねた。

ここで、レオがバッタに気がついた。
やっぱり、気がついていなかったんだ…。

暗い庭に飛び込んだバッタ、それを追うレオ。
逃げるバッタ、それを追うレオ。
逃げまくるバッタ、追いまくるレオ。


おぉ、レオに野生が戻った!
一番猫らしくない猫だったレオに野生が戻ったんだ!


捕まえてみろ! レオ!

やはり猫は猫らしく…。
ん? 何か変だ? これが野生か?


暗い庭で飛び跳ねているバッタ、レオには見えているようだが俺の目には見えない。バッタが飛ぶと、その後を追ってレオも飛ぶ。また、バッタが飛ぶと、レオも同じように飛ぶ。飛んで着地したレオは、バッタのような格好をする。多分、バッタを捜す為に地面に這うような格好をするのだろうと思うのだが、この格好がバッタのように見える。

捕まえる気はねぇな…。
バッタの真似して遊んでいるのか…。


その後、レオはバッタを追って、庭から敷地の外へ出て行ってしまった。
俺が見たのは、猫がバッタの飛び方を真似しながら、庭から出て行く間抜けな光景だった。

バッタ猫だ…。

ドン臭い猫だ。
野生なんて残っていないな。

バッタは逃げ切るな。
レオが本気で捕まえようとしても、捕まえることは無理そうだ。

野生戻らず…。


関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

おーあけてびっくり 人気ブログの仲間入りだ!!

童子さん 背広ネクタイで仕事せんとな男前にな

きょう、一つ私自身の理不尽を聞いてください  私は一年ほど前に車を盗まれました、10年以上乗っているし減税もあるので 仕方なく小さな車を買いました が 出てきたのですナンバープレート!  夜某新潟警察から電話で「あす、引き取りに来てください」いやいや、もう車あるんでそちらで廃棄していただけませんか?「きそくですので」
と、私はいらないプレートを引き取るだけに新潟行ってきます 

猫の歯医者もある新幹線代もある 家の冷蔵庫はもやしの貯蔵庫とかすであろう・・・・・・

やっぱり理不尽  愚痴でした

mamakoumisaki | URL | 2011-09-14(Wed)01:09 [編集]


Re: タイトルなし

規則ですか…。

大変ですね。

最寄の警察署に送ってもらって、そこで処理する事ぐらい出来そうな気もしますが、そうはいかない事情があるんでしょうかね。

お気の毒としかいいようがありません。

ちなみに、背広もネクタイも、冠婚葬祭の礼服以外は長いこと身に着けていません。仕事部屋から出て取引先に行くのは月に2回か3回で、そのような時でも多くの場合は普段着にジャケットを着て出かけてしまいます。自分の仕事は、そんなラフな感じでも許される仕事です。(誰も許していないかもしれませんが…)

さらに、男前についてですが…。
男前はなぁ…。
男前って…。

無理!

乙護童子 | URL | 2011-09-14(Wed)02:44 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。