馬鹿猫ども

愛らしいのだが馬鹿ばかりをしている我が家の猫ども(元野良猫)と、その飼い主である猫好きの母と、そこそこ猫が好き程度の家族の日記です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop
昨日の朝6時頃、一階のキッチンに飲み物をとりに降りていくと、ミミがリビングで横になっていた。

また、母がトイレに行く隙をついて母の部屋から抜け出したようだ。

怠そうだな。

俺が声をかけるとミミは立ち上がり、俺のほうに近づいてきた。いつもは無視するくせに、珍しいこともあるものだと思い、ミミを撫でてあげようと手を伸ばしたのだが…。

ミミは俺の差し出した手を無視し、俺の横を通り過ぎて母の部屋の方へ歩いていった。そして、母の部屋のドアの前で立ち止まり、怠そうな顔で俺を見ている。

「なんだよ。開けろってか?」
「…」
「部屋に戻るの?」
「ニャッ…」
「おぉ! 久しぶりに鳴いた!」

久しぶりにミミの鳴き声を聞いた。ミミは普段からあまり鳴かない猫だったが、具合が悪くなってからは普段以上に鳴かなくなっていた。弱々しい鳴き声だったが、返事をしてくれたことは嬉しかった。

母の部屋のドアを開けてやると、俺の顔をチラッと見てから母の部屋に戻っていった。俺の顔を見たのは、お礼を言ったつもりだったのだろうか。何かいつものミミと違う感じだ。

急に弱々しくなってしまった感じがするなぁ…。
薬を吐き出すなよなぁ…。

ちょっと心配だ。
いや、かなり心配になってきた。


関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

経過が良いので連休家に帰れました。母さんは酒ボトルでも飲むし、たばこもすうだから絶対に癌だと思っていたし覚悟もしていた。親族一同すべて癌だ。ここまで癌だと納得もいくが、セカンドオピニオンも聞いてみようと他病院を回ってみた。主治医と考えの違う方がいらっしゃった。病名すら違う勢いだ. 医者も考え方いろいろ ミミちゃんもセカンドオピニオン視野にいれたらいかがですか?
人間と猫何処まで手と資金かけられる絶対数が違うでしょうが一つ参考までに
猫でも人間でもお家にいられることが最大の薬だと心底おもいました。
しかし、今の母さんの立場はお客さん仕様で猫共が取り巻いています(涙)薬品臭いし・・・・・

mamakoumisaki | URL | 2011-10-10(Mon)00:47 [編集]


Re: タイトルなし

連休、家に帰れて良かったですね。

猫でも人間でもお家にいられることが最大の薬だというのは同感です。

自分は病院が大嫌いなので、かなり体調が悪くなるか、大怪我しなければ病院には行きません。
病院に居るだけで滅入ってくるような人間なんで…。

ミミのセカンドオピニオンは難しいかな…。

乙護童子 | URL | 2011-10-10(Mon)01:29 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。