馬鹿猫ども

愛らしいのだが馬鹿ばかりをしている我が家の猫ども(元野良猫)と、その飼い主である猫好きの母と、そこそこ猫が好き程度の家族の日記です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop
先週末、友人の住むマンションに呼ばれた。

数年ぶりの訪問だ。

友人の家族はそのマンションで二匹のミニチュア・ダックスフンドを飼っていた。前に遊びに行った時、その二匹が俺の周りを喜んで駆け回っていたのを覚えている。背中に飛び乗られて驚いたのも覚えている。えらい賑やかな歓迎を受けたのだ。

今回も前の時のように犬たちに歓迎されるのだろうと思いながら、友人のマンション宅へと入っていくと…。

前回よりも数段賑やかに歓迎された。

歓迎の鳴き声に飛びつき、俺の周りをせわしなく走り回っている。

前よりもなんか煩いなぁ。

あっ、増えてる。

ミニチュア・ダックスフンドが三匹に増えていた。

あまりにも犬たちのテンションが高くなってしまったので、友人は二匹の犬をゲージに入れてしまった。ゲージに入れられなかった犬は友人の背中に乗った状態(首のあたりにしがみついているような感じ)で大人しくしている。ミニチュア・ダックスフンドの襟巻きのようだ。

可愛いなぁ。

友人の首に巻きついているミニチュア・ダックスフンドは、俺と目が合っただけでこちらに尻尾を振って飛んでくる。遊んで欲しくて仕方が無いといった感じだ。呼べば直ぐに来る。呼ばずとも目が合っただけで飛んでくる。犬のこういったところが俺は非常に好きだ。

うちの馬鹿猫(ブー太郎以外)は呼んでも来ない。
うちには目が合うと睨んでくる馬鹿もいる。

犬はいいなぁ。

うちも母が猫を連れて越してくる前までは娘と犬を飼う予定があったのだが、今は狭い家に猫が5匹いるので無理だ。とても犬まで飼う気にはなれない。

犬を飼ったとしても誰も散歩に連れて行かない気がするし、家に人が出入りするたびにテンションあげて走り回られても困る。俺が子供の頃に飼っていた犬は、学校から帰ってくるたびに飛びついてきたり鳴きまくったりで大変だった。とても淋しがり屋だったので長時間家を空けることが出来ず、家族旅行もほとんど行かなかった。

やっぱり、猫のほうがいいかな。

うちの馬鹿猫どもは放っておいても何の問題も無い。
やつらもお気楽に生活しているようだし、俺もお気楽に接している。

まぁ、飼い主である母は、そうお気楽には接していないようだが…。

でも、あの襟巻きミニチュア・ダックスフンドは可愛かったなぁ。
あれはいいなぁ。

関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。