馬鹿猫ども

愛らしいのだが馬鹿ばかりをしている我が家の猫ども(元野良猫)と、その飼い主である猫好きの母と、そこそこ猫が好き程度の家族の日記です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop
猫後天性免疫不全症候群で入院していたブー太郎を退院させた。

母はもう少し入院させたかったようなのだが、俺は長く入院させたところで治るわけではないし、慣れない環境に居るよりは、家に居たほうがブー太郎には良いと思い、母に強く退院させることを勧めたのだ。

何より病状が急に悪化し、家族が看取ることなくブー太郎が逝ってしまうのが嫌だったのだ。

かなり弱って帰ってくるだろうと覚悟していたのだが…。

元気だった。

元気ではないんだろうが、自分が想像していた状態よりは元気だった。

ブー太郎は帰宅するなり、外へ遊びに出かけてしまった。

入院したことで少し良くなったようだ。

猫後天性免疫不全症候群は治る病気ではない。
ブー太郎が元気になったように見えるのは、俺の気のせいなんだろう。

ちょっとだけ体調が良くなった程度なのだ…。

これからは週に一度の通院になる。
また、具合が悪くなったら入院させなければならない。

色々と大変である…。

PageTop
今日、母がブー太郎を動物病院に連れて行った。

薬を飲ませても、一向に良くなる気配が無いので、セカンドオピニオンで違う動物病院に連れて行った。

診断後、そのまま入院した。

ブー太郎の病気は、猫免疫不全ウイルス感染症が、より進行してしまった猫後天性免疫不全症候群という奴らしい。

猫エイズと呼ばれている病気だ…。

血尿は体内の色々なとこらから出血したものだった。

いつ感染したんだ。
野良猫時代にキャリアになってたのか。

あぁ、そんなことはどうでもいい。

もう、最悪だ…。
長くは無いそうだ…。

もう長くないのなら入院などさせないで、慣れている我が家で介抱すれば良いと俺は思うのだが、動物病院で少しでも体調を良くしてから家に戻そうと母は考えたらしい。

家には他にも多くの猫が居るから、落ち着かないこともあるとは思うが…。

どうにかならんかなぁ…。

あぁ、最悪だ…。

PageTop
今日の午前中、母は動物病院へ行ってきた。

連れて行ったのは猫はブー太郎。

血尿を出していたのはモモではなく、ブー太郎だったのだ。
モモは下痢気味だっただけのようだ。

診断の結果、ブー太郎は心臓が弱っているらしい。
心臓が弱まっているというのは、どのような病気なんだろう。

病名は何なのか、何が原因なのかは、今のところ不明。

元野良猫は持病を抱えていることが多いのだろうか…。
家猫になると免疫力が下がるのか…。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。